テーマ:雑記

余談:「英語の発想」のはしがき

今年の関東の8月は雨が多くて気温が上がりにくい。まさか挿絵のススキの原のようにこのまま秋に突入ということにはならないと思うが。 ところで、或る女性国会議員の秘書に対する激しい言葉がマスコミを賑わした。最近の飯島勲氏の連載、「リーダーの掟」でも、「『この○○ー!』で傷ついた」豊田氏が夢にまで出てきて私を罵る」と題して採り上げられており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はげしくゆるく キイの上を 駆ける白い指 この美しき 磨滅  上林猷夫

今年のGWは後半を帰省して過ごした。裏山と言っては何だが、家の北側に見える半田山(標高150m)は様々の色の新緑が混じり合いとてもすがすがしい。津島小学校がその麓にある。今年の元旦の初日の出は小学校横から拝んだ。その方面に歩いて上って行くと、坂道の左側にある芝生の片隅に小さな記念碑が立っている。それが標題の詩の記念碑である。 鍵盤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姑息の意味と英語(temporary)

言葉は生き物だ。時代とともに変遷する。 例えば、「からだ」も"body"も古語は死体を意味する。 凄くもawfully, terriblyももともとは恐ろしくだが、現代では非常にと言う意味だ。 また、すごい暑い、awful hotのように形容詞を口語では形容動詞、副詞的に使う事が有る。 しかし、日本語は他の言語より変化が大きい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑のシャワーと、スリル満点の狭き夢のつり橋

連休明けは、中学生の企業訪問対応、シンポジウムの準備などでバタバタと過ごした。シンポジウムの初日はJRの運行障害、2日目は羽田空港での大韓航空機のエンジン故障による空港閉鎖など、参加者にはそれなりの影響が有ったが、無事に終了して、反省会を兼ねたシンポジウム委員会で仕上げ。翌日、5月28日(土)と29日(日)は静岡県は、南アルプスの南端に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

余言と正説

たわごと(余言)の中にはたまにはちゃんとした考え(正説)もあるかもというのが、”余弦と正接”の裏の意味。 量子論、原子核の周りを回る電子のエネルギーの強さが連続では無く飛び飛びというのは、原子核の周りにできる定在波は整数倍の波数しか取り得ないから。 純粋な数学方程式と物理現象に関わる数式の違いはその中にπが入っているかどうかだという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福澤諭吉「学問のすすめ」・・・人口3500万人の当時100万部以上のベストセラー!

今日(4月16日(土))のテレビは熊本地震報道で占められた感があるが、池上彰のニュース解説も緊急生放送で扱っていた。いつもの通り、わかりやすい解説であった。 海底のゴミが由来の日本の大地は複雑で地震の予測は難しいことをあらためて確認した次第。 日本列島は北海道を頭とする龍に、九州は武者か孫悟空の後ろ姿に見立てることができるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブ情報: 燃料電池、エネルギー等のウェブ情報URL紹介

FCDICでは新聞情報を毎月1回の頻度でLatest Newsとしてウェブサイトへのアップ、英語版は約一月遅れになるが、海外会員等にはメール配信している。1996年からの記事を検索できるので開発動向の変遷などを辿る場合などには便利だ。最近の号については、PWが必要で、会員には通知されている。 また、もう少しタイムリーな情報発信を図る意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評・書籍紹介:初心者向けの本

本欄のことが気になりながら、仕事にかまけているうちに長い空白ができてしまいました。 さて、FCDICの機関誌、「燃料電池」のVol.15-3(冬号)に、試みに、書評を書いてみた。 最近は書店に行くよりはネット販売が多く、いろいろな書評が得られる時代だが、燃料電池・エネルギー関連の立場から紹介することはそれなりに意義があるのではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

液体金属

8月も中旬を過ぎると少し和らいだが、今年の夏は、体温を超えるような日が多かった。まさに体が溶けそうだ。 で、今日は液体金属について。 一般的に、金属というと銀色、堅いが柔軟性もあるというイメージ。 やまと言葉には金属に関することばは少ない。”かね”がベースで、それから、あかがね(銅:Cu)、しろがね(銀:Ag)、こがね(金:Au)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヌスビトハギ、トゲトゲ、タングステン

植物、昆虫と高融点金属との間の類似点とは?落語の三題噺? 昔、ベルリンのマックス・プランク研究所で開催された触媒失活に関する国際シンポジウムに参加した。 招待講演の一つに酸化反応に用いる白金触媒失活に関する解説があった。 そこで、日本では専門家もあまり使わないHuettig Temperature(ヒュッティッヒ温度)なる言葉がま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Aqua"と"Mirai"

来年の7月でFCDICは創立30周年だ。そう言えば、今保有している車はマークⅡの30周年記念車、Trente である。 購入時には、ホンダのアコードワゴン、スバルのレガシーワゴンをメインに検討していたが、トヨペットの営業力に押されて購入したものである。そこそこの静かさと加速とデザイン。家族の評判もまずまずではある。ただ、乗っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昇華と凝華

昨日、久し振りにルーフテラスに出た。古くなったオーニング(ロール日除け)を取り外すためである。また、緑のカーテンとしてゴーヤーの植え付けを行った。3種類の苗を用意したが果たしてどこまで育つやら。 触媒調製法として気相成膜関係の技術を軸足に検討している。原子状の白金を直接に担体上に堆積していく。 物質の三態と言う言葉がある。固体⇔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の神田祭:インターネットTVで生放送されるそうです!

FCDICの事務局は神田淡路町にある。地下鉄 小川町(おがわまち)、淡路町(あわじちょう)、新御茶ノ水、JR御茶ノ水と4つの駅からのアクセスが良く至便の地である。但し奥まったところにあるので、初めての方には迷われる方も多い。ご用の方は是非以下のサイトをご覧頂きたい。 http://www.fcdic.com/common/access…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more