テーマ:燃料電池車

熊本地震-その後

熊本ではまだ地震が収まっていないようだ。その後、目についた地震に対するウェブサイトで印象に残ったのは以下の通り。 1.安井至、市民のための環境講座、巨大災害 日本に迫る脅威 04.16.2016 「日本列島のプレート構造の詳細」という副題が示すように、最近のプレート構造に関する情報が紹介されている。 2.武田邦彦、防災が災…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

FCVフォーラムⅢを終えて

昨日(4月15日(金))、無事FCVフォーラムⅢを終えることができた。当初はこれまでの2回のフォーラムの勢いと、ホンダから発売が開始されたClarity Fuel Cellの運転試乗で、余裕で人集めができると安穏と構えていたら、申込みの立ち上がりは順調だったものの、途中からパタッと止まり、直前まで参加を募ることになった。また、直前になっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウェブ情報: 燃料電池、エネルギー等のウェブ情報URL紹介

FCDICでは新聞情報を毎月1回の頻度でLatest Newsとしてウェブサイトへのアップ、英語版は約一月遅れになるが、海外会員等にはメール配信している。1996年からの記事を検索できるので開発動向の変遷などを辿る場合などには便利だ。最近の号については、PWが必要で、会員には通知されている。 また、もう少しタイムリーな情報発信を図る意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FCVフォーラムⅢ(FCDIC第30回セミナー)

2013年にFCVフォーラムを、中小企業の技術開発を支援する都産技研の共催を得て開催した。本格普及に必須の低コスト化に、日本の中小企業の参画を求めるべく、NEDOやMETIからの熱い期待が込められたこともあり大いに盛り上がった。但し、中小企業の参画についてはこれがスタートという感じであった。 その後、フォーラムⅡを経て、来週の金曜日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」が発表されました。

3月22日、経産省より、「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」が発表された。 FCV(燃料電池車)に燃料を供給する水素ステーションを2020年度に160カ所、2025年度までに現在の4倍となる320箇所に増やす計画案が含まれています。かなり積極的な内容となっています。ご興味の有る方は以下URLをご参照されたい。 http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more