テーマ:英語

余談:「英語の発想」のはしがき

今年の関東の8月は雨が多くて気温が上がりにくい。まさか挿絵のススキの原のようにこのまま秋に突入ということにはならないと思うが。 ところで、或る女性国会議員の秘書に対する激しい言葉がマスコミを賑わした。最近の飯島勲氏の連載、「リーダーの掟」でも、「『この○○ー!』で傷ついた」豊田氏が夢にまで出てきて私を罵る」と題して採り上げられており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沙翁没後400年 1616/4/23、 「英語の歴史」(寺澤盾)と「英単語記憶術」(岩田一男)

今日は英国の生んだ文豪シェークスピアの誕生日・命日であり、没後、400年となる。 没年の1616年は色々書いたシェークスピアと語呂合わせで覚える。 生年は1564年4月23日、命日は1616年4月23日の生没同日とされるが生まれた日は怪しいらしい。 生没同日は加藤清正、坂本龍馬など著名人の中に散見される。 さて、スペインの文豪セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本ーウサギのゾモ("Zomo the Rabbit")

絵本が好きだ。幼い頃に買ってもらった本はとっくの昔に無くなっているが、大学にいた頃から眺めるようになっている。とは言え、所蔵している本はほんの僅かであるが。昔、京都は百万遍の北西角傍に、「キリン館」という絵本専門店があり、時々覗いていた。かなり前に店を閉じたようで残念至極である。安野光雅のトリッキーな絵とエッシャーの絵は共通するものがあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Introduktion und Variationen ueber Trockne Blumen

 エネルギー変換を考えるときは、水や風などのエネルギーの流れを考え、そこからエネルギーをすくい上げるとイメージすると分かりやすいのではないかと思う。水車や風車を通り過ぎた水が流れ去ってくれなくては連続的にエネルギーを掬えない。横笛の一つ、フルートを思い浮かべると分かりやすい。 フルートと水車と言えば、・・・・ シューベルトの歌曲、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホトトギスと「英語の発想」

16日の午後、散髪に行った。少しずつ髪の腰がなくなっているような気がする。若い頃はシャンプーで洗った後は髪が立って実際以上に多く見えたが、最近では家族が使っているコンディショナーの使用効果がはっきりと感じる。 で、表題のテーマとなった。 今年は暑い日が多いためなのか、中国南西部から飛来するというホトトギスの声が早くも聞こえた。カッコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more