津波ダントツ、地震、雷、火事、台風

大きな揺れは減ったが、4月14日(木)に”前震”が起こった熊本地震はまだ収束していないようだ。
雨の影響が心配される。
それでも、交通体系などは元に戻りつつあるようでひとまずは安心。
今回の地震は津波の影響が無かったのが幸いだった。
東日本大震災はやはり、津波の威力が凄かった。原発へのアタックは凄かったが、対策が不十分であったのも影響した。最近は外部状況が変化したので法律等もそれに対応できるように変えていくべきという声があり、それはそれで必要な事だと思う。但し、歴史的事象を含め、現状把握は正しく踏まえて欲しいものだ。
外からの攻撃という意味では、津波、地震、雷、台風などは自然現象とは言え、外からの攻撃と考えることができる。その対応はちゃんとできているだろうか。特に津波の威力は凄い。東日本大震災はそれを再確認させるものだった。
極めて荒っぽく比較すると、空気の動きである台風と津波とでは、その質量比(約1000倍)からして、同じ速度で動いている場合、1000倍の威力だと言うことになる。
画像

一度波に巻き込まれたら、色々な構築物の中でかき回されるわけで、
邪魔板付きの強力攪拌機に掛かったようなものだろう。
画像

オヤジの威力はめっきり減った今、津波ダントツ、地震・雷・火事・台風とでも言うべきか。
 外的からの威力に備えて例えば北海道の北の端にまで戦車が通っても大丈夫な頑丈な道が繋がっていると聞いたことがあるが、地震の時に備えて、都道府県庁・市町村庁を横にしても壊れないくらい頑丈なものにして、それに繋がる道も頑丈にする。そして、再生エネ・水素・燃料電池・電池をセットにした自立式エネルギーシステムを完備して欲しいものだ。

平成28年5月4日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック